緊急事態宣言発令に伴い4月20日より新たに対策強化を実施します。

これまでの対策。
入室・退室時に手をアルコール消毒、水うがい。
生徒全員にアルコール消毒スプレーを無料配布。
次亜塩素酸水による加湿器を多数設置(現在5台)

 

4月20日からの対策

教室入室時にはマスク着用を徹底。
ない場合はこちらで用意したマスクを無料配布します。

●生徒が個人で気をつけて行って頂きたいこと
一度に教室に入る人数を8名までとする(高茶屋校は約20坪)
・生徒同士の距離を2メートル以上確保し着席すること。
体温計も設置しております。体調がすぐれない場合はアルコール消毒しすぐに検温すること。

開校を延期している桜ケ丘校を生徒同士の密接空間を避けるためを使用します。
こちらの校舎も生徒同士の距離を確保し、各部屋に1人または2人で使用します。

 

●大学生講師が気をつけてほしいこと
大学生講師の他のアルバイトを禁止とし、当校舎のみの講師とします。
他のアルバイトをしている講師は間隔を2週間あけて頂きます。
首にかけるだけの除菌ブロッカー、ウイルスシャットアウトを装着すること。
講師全員にアルコール消毒スプレーを無料配布。
不要不急の外出を避ける。カラオケボックス、友達との食事など感染確率の高い行動があった場合は2週間バイトを休みとする。

4月以降の実施予定
資金が調達出来次第、各机ごとに間仕切りを設置。幅70センチ高さ160センチの間仕切りを置き個別のスペースを確保する。

 


一覧に戻る